婦人

エステ用化粧品の猛威|自宅でお姫様に変身

洗顔もケア方法の一つです

石鹸

洗顔方法を見直そう

女性・男性に関係なく誰でも抱えているにきびの悩みですが、今は思春期だけのものではありません。大人にきびと呼ばれる白いにきびは、大人になっても肌荒れなどが原因でできてしまうものなのです。これらを改善するためには、正しいケアを行って肌のターンオーバーを促す必要があります。そこでおすすめしたいのが、ケアの基礎となる洗顔方法を見直すというものです。女性ならクレンジングの後の洗顔やケア方法を、男性なら汗をかいた後の洗顔とケア方法を見直してみましょう。特ににきびは顔の汚れや余分な皮脂が残っている場合に起こる炎症でもありますので、洗顔方法で改善することができるのです。現在人気なのは、肌に優しい固形石鹸をきっちりと泡立て、包み込むように洗う方法です。

泡立て方にも注意しよう

洗顔石鹸は様々な種類が発売されていますが、人気が高い理由の一つはコストパフォーマンスが良いことです。値段や成分に関係なく効果を発揮しますので、まずは身近にあるものから使用してみましょう。自分の肌に合っているかどうかは、手を洗ってみればわかります。乾燥しすぎたり、潤いがなくなってしまうようなら、別のものに変えてみて下さい。石鹸が泡立ちにくい場合は、手で泡立てるのではなく泡立てネットを用いてみて下さい。きめ細かい泡は肌に優しく、汚れをきっちりと落とす役割も持っていますので、一石二鳥です。使用後の乾燥が気になるという方は、スクワランやヒアルロン酸が含まれた石鹸を使用してみましょう。併せて洗顔後の保湿をきっちりと行えば、ほとんど気にならなくなります。